つばさ学園

児童発達支援センター つばさ学園

つばさ学園
つばさ学園は2001年(平成13年)に設立された児童発達支援センターです。

大分市から児童発達支援の支給を受けたこどもさんが対象です。
1歳半から就学前のこどもさんが通園しています。
通園の初期には、親子通園を提案しています。

定員は1日30名です。

開園時間

月~土(日・祝日は休み)
登園 9:00~ 各クラス活動10:30~
降園 15:00(こどもさんの状況によって、降園時刻が早くなることもあります)

通園方法

自家用車や徒歩での通園のほか、こどもさんやご家族の状況によって園バスでの送迎ができます。

療育理念と方針

「一人一人のこどもが生き生きと心豊かに生活し、持っている力を十分に伸ばして、将来に向かって羽ばたいていくこと」を理念として、こどもの発達段階や状態に応じた個別支援計画を基に早期療育を実践しています。情緒の安定を基礎に、基本的生活習慣やコミュニケーション能力、社会性が身に付くことを目指しています。

行事について

夏祭り、運動会、遠足などの行事のほか、プール、もちつき、クリスマス会など、季節の行事を体験する機会を大切にしています。

ご家族への支援

療育公開日を毎月設定し、御家族と一緒に成長を確認しています。また、通園されているこどもさんの御家族を対象とした療育相談会(集団・個別)を実施しています。
就学、発達や就園に関する相談には、心理士が専門的に対応します。

1日の流れ

時間 活動内容 写真
9:00
  • 登園
  • 朝の準備
  • 自由遊び
朝の準備
10:25

お片付け

10:30
クラス活動
朝のおあつまり
外遊び
(水・砂・土・泥遊び、遊具など)
サーキット
粘土遊び
お絵かき
製作活動
音楽リズム など
ひまわり
朝の準備
サーキット
11:40~13:10
  • 給食
  • 昼休み(自由遊び)
  • お片付け
昼休み
13:15~15:00
  • クラス活動
    感覚遊び
    散歩
    製作活動
    音楽リズム など
  • リラクゼーション
  • 帰りのおあつまり
  • 降園
親子で降園

相談支援事務所 あおぞら

相談支援専門員がこどもさんや御家族の意向や状況をお聞きし、解決すべき課題を踏まえて、適切なサービスの組合せ等について検討した上で計画を作成します。

計画策定に関して、利用料の負担はありません。

大分市の障害福祉課から「サービス等利用計画案・障害児支援利用計画案提出依頼書」を受け取った時や、福祉サービスを利用したい時は、ご相談ください。(予約制です。)

相談受付
月から土(日・祝日を除く)の8:30~17:30
電話番号
097-557-0114